療法部について Therapy Department

療法部長あいさつ

療法部長

臨床主体のジェネラリストから、さらにスペシャリストへ

就職活動中のみなさま、こんにちは療法部長の堤です。臨床実習や卒業・国家試験の合間に就職活動、とても大変だと思います。

将来急性期がいいか回復期、それとも生活期に適しているのか不安に思いながら活動されているかもしれません。また療法士になってからスキルアップできるか、人間関係はうまくできるか、悩みがあると思います。

私たちは若いセラピストが就職されてかも安心して業務に取り組むことができるようにしています。セラピストの個性に合わせて学ぶこと、患者様を治療しながらスキルアップできるように支援しています。

療法部長 堤 万佐子

尚和会療法部4つのサポート

1 臨床指導者が業務サポート
新入職員1名に担当臨床指導者が1名つき、臨床をはじめとした社会人1年目に必要な業務をサポートします。
2 教育委員会による充実した研修プログラムサポート
尚和会療法部で定期的に研修をおこなっています。宝塚リハビリテーション病院・宝塚第一病院・ケアヴィラ宝塚・ケアヴィラ伊丹の療法士が集います。
3 研究開発部門による学術活動のサポート
尚和会療法部は学会発表を推奨しています。ただ発表してみたいと思っているセラピストでも不安はあるかと思います。研究計画書の書き方やレジメの作成方法など学会発表するまでのサポートをします。
4 みらいサポート
就職後も生涯学習、専門領域の選択や、ライフイベントなど多岐にわたり相談にのりサポートします。
尚和会療法部4つのサポート

療法部理念

患者様が、再び住み慣れた地域で幸せに生活ができるように支援いたします。

組織図

組織図

スタッフ数

理学療法士 56名 作業療法士 24名 言語療法士 13名
※2017年8月現在

教育について

当院の療法部では、新人研修や各療法別研修会など基礎的な研修会はもちろん、講演会形式で自ら発信できるセラピストを育てるプログラムなど、年間を通して様々な研修を行っています。
詳しくは「療法部教育体制」ページをご覧ください。

新たな施設基準を取り入れ、まったく新しい考え方で出来た環境で働きませんか?
まずはお気軽にお問い合わせください。